岸本 吉生

KISHIMOTO Yoshio

・独立行政法人 中小企業基盤整備機構 業務総括役 シニアリサーチャー
・経済産業省 中小企業庁 国際調整官
・NPO法人 ものづくり生命文明機構 常任幹事
・愛媛 伊予観光大使

デザイン戦略立案、地場産業開発、ソーシャルデザイン

中小企業基盤整備機構シニアリサーチャー。農山漁村を抱える市町村こそ、デジタル時代のマーケティングを実践して自然、文化、価値創造で社会に貢献し地元の活力も増す、というテーマで全国各地を訪問して調査と研究をしている。
1962年神戸市に生まれ。1985年通商産業省に入り現在に至る。2006年NPOものづくり生命文明機構を立ち上げ現在まで常務幹事。同機構のテーマは「未来は懐かしい過去にある。生命文明は人類を救う価値観。」2019年から金融ファクシミリ新聞にコラム「ホモデウスと日本」を毎月連載し、技術とローカル二つの視点から日本の将来を考えている。
独立行政法人中小企業基盤整備機構は、価値を生み出し、かけがえのない中小企業の経営に関わるお客様の立場になって、経営伴走、起業支援、学び、共済事業などのサービスを提供している。9つの地域本部があるとともに、経営者向けの学びの場、中小企業大学校9校を運営している。

〇略歴
2006年~現在 非営利法人ものづくり生命文明機構常任幹事
物質文明の先にある生命文明の理念と実践を調査研究。

2007年~2010年 中小企業庁経営支援課長
地域資源活用促進法、農商工連携促進法、ジャパンブランド、ふるさと物産事業を担当。

2012年から2014年 中小企業基盤整備機構理事
Rin,J-Goodtechなど販路開拓事業、中小企業総合展等を統括。

2014年~2016年 経済産業省九州経済産業局長
地方創生を担当。

2016年~現在 中小企業庁政策統括調整官・国際調整官
湾岸諸国等とのビジネスマッチングを統括。

2018年~現在 中小企業基盤整備機構シニアリサーチャー
社会課題解決型ベンチャー企業及び限界集落を抱える市町村におけるサービス分野の起業を調査研究。

一覧へ戻る